ニキビ肌に日焼け止めを塗ると悪化する?おすすめ日焼け止めは?

ニキビがあっても日焼け止めって使うべき?

わからない

最近では日焼けをすることは肌にとってデメリットの方が多いということが浸透しているため、外出時に日焼け止めを塗ることなんて当たり前になっていますよね。


でも、ニキビが残った状態だと塗った方がいいのか、塗らない方がいいのか迷ってしまいませんか?


トラブルのある肌に日焼け止めを塗るのは何となく余計な負担をかけてしまうような気がするけど、だからと言ってUV対策を何もしないとそれはそれでニキビの炎症などを悪化させてしまうような気がしますよね。


どうしたらいいのかというと、実はニキビがあっても日焼け止めは塗るべきなんです。


その理由は、紫外線によって炎症が悪化してしまうからなんです。


では、紫外線対策の重要性を認識するためにも、ニキビがあっても日焼け止めを塗った方がいい理由ニキビのある肌に使用する日焼け止めの選び方などを紹介したいと思います。


ニキビがあっても日焼け止めを塗った方がいい理由

説明

日焼け止めのように油分をたっぷりと含んでいそうなものニキビが残った肌に塗ると、毛穴を塞いで悪化させてしまうような気がしますよね?


でも、実際には日焼け止めなどを塗らずに紫外線を浴びることの方がニキビの悪化につながってしまうのです。


どうして紫外線が良くないのかというと


  • 炎症を悪化させる
  • 活性酸素の増加
  • 色素沈着の促進

といった悪影響があるからです。


炎症を悪化させる

炎症

ニキビが嫌われるのは赤く腫れて目立つことが一番の理由だと思いますが、赤ニキビと言われるものは皮膚が炎症を起こしている状態です。


肌トラブルによって皮膚が赤くなるのは炎症によるものですが、日焼けをした時にも赤くヒリヒリとした状態になりますよね。


日焼けの場合の赤みは紫外線によって皮膚が火傷をして炎症を起こしてしまっているので、紫外線によって既にあるニキビの炎症が悪化してしまうのは当然なのです。


そのため、まだそれほど目立っていないニキビしかなかったのに、紫外線によって炎症を引き起こして赤く目立ってしまう可能性もあるため、日焼けは避けるべきなのです。


活性酸素の増加

活性酸素

私たちの身体は酸素をエネルギー源として使っていますが、紫外線を浴びることによって皮膚に存在する酸素の一部が活性酸素に変化してしまいます。


活性酸素はくっついた相手を劣化させる性質があり、たくさん増えすぎるとシワやたるみといった老化症状の原因となってしまうため、多くの方が日焼けをしないようにしているのです。


このように健康なお肌であっても活性酸素は問題になるのですが、ニキビのある肌の場合はさらに活性酸素の悪影響が大きくなってしまいます


先ほど紫外線が炎症を悪化させるというお話をしましたが、実はニキビによる皮膚の炎症の原因の1つに皮脂の酸化があります。


皮脂というのは通常は肌を守るために分泌されているのですが、酸化(酸素と結合すること)すると皮膚に刺激を与えるようになってしまうのです。


そのため、紫外線によって活性酸素が増加させることが炎症を悪化させてしまうことにもつながってしまうのです。


さらに悪いことに、ニキビの原因菌であるアクネ菌は皮脂を食べてポルフィリンという物質を産出するのですが、このポルフィリンに紫外線を当てると大量の活性酸素を作り出してしまう性質があるのです。


よって、ニキビの残った肌の場合は健康な肌以上に活性酸素の影響を受けやすいため、日焼け止めをしっかりと塗って紫外線を避けるようにするべきなのです。


色素沈着の促進

色素沈着

ニキビというと赤く炎症を起こすものだというイメージがあると思いますが、ひどくなると最終的には黒く色素沈着(ニキビ跡の一種)してしまうのはご存知ですか?


これは炎症性色素沈着と呼ばれるもので、皮膚は炎症を起こすとメラニン色素が誘発されて黒い跡になってしまうことがあるのです。


そのため、ニキビの炎症に加えて紫外線による炎症、さらには日焼けによるメラニン色素の発生などの相乗効果によって、ニキビが黒く色素沈着するのを促進させてしまう可能性があるのです。


このように、ニキビのある肌にとって紫外線の影響というのはデメリットだらけなので、お肌の負担を気にして日焼け止めを使わないというのは全くメリットが無いと言っても過言ではないのです。


ニキビのある肌に使用する日焼け止めの選び方

ポイント

ニキビのある肌であってもしっかりと日焼け止めを塗って紫外線対策をするべきであることは分かって頂けたかと思いますが、日焼け止めを選ぶ際にはやっぱり肌への負担が極力少ないものを選ぶべきです。


そこで、ニキビ肌に使う肌に優しい日焼け止めの選び方を覚えておいてください。


では、ニキビのある肌にも優しい日焼け止めを選ぶための基準として大事なのは主に以下の3つでしょう。


  • 適度なSPFのものを選ぶ
  • 刺激が少なく落としやすい
  • 可能であればノンコメドジェニックテスト済みのもの

SPFやノンコメドジェニックなど聞いたことはあっても意外と知らないという方も多いと思うので、蒸気の3つのポイントについてもう少し詳しく説明しておきましょう。


適度なSPFのものを選ぶ

SPF

多くの方が勘違いしているのですが、しっかりと紫外線対策をしたいからできるだけSPFは高いものを選んだ方がいいと思っていませんか?


確かにSPFの値が高い方が紫外線によるダメージを軽減することができるのですが、肌への負担も増えてしまうため必要以上に高いものを使うことは避けるべきなのです。


自分のライフスタイルに合ったものを選ぶためにも、そもそもSPFとは何を意味しているのかを把握しておくことが大切です。


SPFとはSun Protect Factor(サンプロテクトファクター)の略で、どのくらい日焼けを先延ばしにできるかを表したものです。


例えばSPF30というのは、日焼け止めを塗ることで日焼けするまでの時間を30倍遅くできたという意味です。


一般的に日光を20分程度浴び続けると日焼けをすると仮定して、それに対してSPF30の日焼け止めを塗ることで600分(10時間)もの間、日焼けしないくらいに紫外線を防いでくれるのです。


ですが、UVカット効果が持続するということは、それだけ落ちにくかったりUVカット効果の高い成分が配合されているのでどうしても肌への負担も大きくなってしまいます。


だからこそ自分のライフスタイルから、「何時間くらい紫外線対策が必要なのか」をしっかりと考えて、そのためには「SPFがどのくらいのものが適しているのか」を知って適切なものを選ぶことが大切なのです。


刺激が少なく落としやすいもの

肌に優しい

ニキビがあるときに日焼け止めを使う時には、できるだけ肌に負担の少ない成分を使ったものを選ぶということも忘れてはいけません。


具体的に言うと「ノンケミカル」や「紫外線吸収剤不使用」のものを選ぶということです。


日焼け止めは大きく分けると2つ種類があり、「紫外線吸収剤を使用」しているものと、「紫外線錯乱剤を使用」しているものに分けられます。


前者は紫外線を吸収して化学反応によって肌の内部に入らないように防ぐもので、UVカット効果が高いため、SPFの値が高いものの多くは紫外線吸収剤を使用しています。


また、紫外線吸収剤は無色であるため体に塗った時に白浮きしないというメリットもあるのですが、成分そのものの刺激や、紫外線と反応したときの変化で肌に負担がかかることがあるため、肌質によっては合わないことも多いのです。


それに比べて紫外線錯乱剤を使用したものは、白くなったりべとついたりするという短所はあるものの、肌への負担が少ないため、ニキビがあって肌が敏感になっている時は紫外線吸収剤不使用のものを使うようにしましょう。


さらに、日焼け止めは落ちにくい方が効果が高いのは当然なのですが、落とすときに専用シートなどが必要だったりゴシゴシと擦る必要があるようなものは落とすときの刺激がニキビに悪影響を与える可能性があるため、落ちやすいものを使って塗りなおすようにした方がいいでしょう。


可能であればノンコメドジェニックテスト済みのもの

テスト

ニキビ用の化粧品で「ノンコメドジェニックテスト済み」と書かれた商品を見たことがありませんか?


これは簡単に言うと「毛穴の詰まりにくさを評価するテストを実施して良好な結果が得られました」ということを意味しています。


試験方法としては人の背中などを使って対象の化粧品を塗布してコメド(毛穴を詰まらせる角栓)の形成状態を評価するというものです。


そのため、このテストを実施しているものの方が安心というわけなのですが、ノンコメドジェニックテスト済みだからといって毛穴を詰まらせる保証をしているわけではありません


また、このテストを実施していなかったとしても使っていてトラブルが無ければ問題はないので、どちらかと言えばノンコメドジェニックテスト済みのものの方が安心という程度に考えておけばいいと思います。

日焼け止めが必要不可欠だけど、ニキビを増やさないためには結構いろいろなところに気を遣わないといけないんですね。


蒸気を参考にして、今のあなたのライフスタイルに合わせた適度な効果のもの、そして肌に優しい成分を使った日焼け止めをしっかりと選んでみて下さい。