赤ニキビは潰すと早く治るなんて嘘!潰した時は跡にならないよう対処

赤ニキビは潰すと早く治る?

潰す

赤ニキビは小さいものでもすごく目立つので、できるだけ早く治したいと思うものです。


そんな時、とりあえず潰してしまって腫れを抑えて目立たなくしてしまおうと考えている方も多いでしょう。


確かにニキビが初期の段階であれば、根本的な原因である毛穴の角栓(芯とも呼ばれるもの)を取り除くことで炎症を防いで治りやすくなる可能性もあります。


でも、それは比較的初期の段階に限った話であって、赤ニキビのように炎症がひどくなっている場合はちょっとした刺激でも症状が悪化してしまうので、潰すことによって症状が悪化してしまう可能性が高いのです。


そのため、潰してしまおうかと考えている方は、赤ニキビを潰したら跡が残りやすいこと、そして万が一のために赤ニキビが潰れた後の適切な対処について知っておくことが大切です。


赤ニキビを潰したら跡が残りやすいので注意

注意

赤ニキビを潰そうとしている方は、当然ながら早く綺麗な肌を取り戻すことが目的でしょう。


でも、最初にも言ったように炎症を起こして赤くなっている場合は潰すと跡になりやすいので注意が必要です。


しかも、潰すときに皮膚の深い部分まで傷付けてしまうと、スキンケアでは治らないクレーターと呼ばれる凸凹した跡が一生残ってしまう可能性もあるのです。


では、どうして潰すと一生ものの跡が残ってしまうのでしょうか?


その理由は


  • 潰すと皮膚の深い部分にある毛穴を壊してしまう
  • 皮膚の深い部分は再生できない

からなのです。


うまく潰せば治りやすくなると思っている方に考え直してもらえるように、潰すことによって皮膚でどんなことが起きるのかをしっかりと理解しておきましょう。


潰すと皮膚の内側にある毛穴の壁が壊れることがある

毛穴

ニキビはそもそも毛穴の中にアクネ菌が繁殖することで、毛穴に沿って炎症を起こしたり、膿(アクネ菌の死骸)が溜まったりした状態です。


そのため、潰そうとして爪などを使って強い圧力をかけるとプチュッと皮膚の一部が破れて膿(うみ)や血がでるわけです。


上手に皮膚の表面側だけが破れてくれればいいのですが、膿の溜まった毛穴に力を加えることで皮膚の内側にある毛穴の壁が破れてしまうこともあるのです。


毛穴は皮膚の深いところまで続いているため、毛穴の壁を傷つけてしまうと再生できない部分にまで傷が達しやすく、跡になりやすいのです。


皮膚は表面しか再生しない

表皮

赤ニキビを潰すと治ると思っている方に知っておいて欲しいのは、皮膚はある程度以上深い部分が傷ついた場合には再生することができなくなるということです。


ニキビは本当に局部的な傷で範囲が狭いため、数がそれほど多くなければそれほどたいした傷ではないような気がしますよね。


でも、例え1つや2つだけの小さな傷に見えていても、一定以上の深さになると極端に治るのが遅くなったり、傷跡として残り続けてしまうのです。


ニキビを治すにはターンオーバーの改善が大切」で皮膚の構造について説明しましたが、皮膚は例え傷ついたとしてもターンオーバーによって再生することができます。


でも、再生して綺麗に元通りになるのは表面の0.2mmほどの部分だけなのです。


転んだりして擦りむいた傷は綺麗に治りますが、手術などの深い傷は跡が残り続けてしまうことからも、傷が深くなると綺麗に治らないことがわかるでしょう。


なぜか赤ニキビは潰す方が早く治ると思っている方も多いようですが、爪などを使って自己流で潰そうとすると、皮膚の一部分に強い力がかかって炎症を悪化させ、一生ものの傷を負ってしまうという大きなデメリットがあることを認識するべきです。


赤ニキビが潰れた後は適切な対処をしよう

対処

赤ニキビは潰したらいけないものであることは分かって頂けたと思いますが、もうすでに潰してしまった、または無意識のうちに誤って潰してしまったという方もいると思います。


着替える時に間違って患部に触れてしまったり、洗顔やスキンケアの時にひっかいてしまったり、日常生活の中でうっかり潰してしまうきっかけはたくさんあります。


潰してしまった場合でも放置しておくと傷が悪化して跡が残りやすくなってしまうので、潰れた後の対処法について紹介しておきましょう。


もし赤ニキビを潰してしまった時の基本的な対処方法としては


とにかく傷を悪化させないこと

です。


具体的な方法としては


  • 汚い手で触らない
  • オロナインなどで傷口を消毒する
  • 洗顔などのときに擦らないように注意する

といったことが大切です。


汚い手で触らない

触らない

まず汚れた手で触らないように気をつけましょう。


赤ニキビを潰すと膿などが破裂して皮膚に傷ができてしまうので、汚い手で触ったりすると雑菌が傷口から侵入して炎症を更に悪化させる原因になります。


手をよく洗い清潔にすることは当然として、気になって手で隠そうとしたり、髪の毛などを触る癖などがある方は無意識のうちに触れてしまうことがあるので、日頃から顔に触れないように意識しておくことが大切です。


また、炎症を起こしている場合は痛みや痒みを感じることもあって、つい触ってしまいがちなので注意しましょう。


>参考:赤ニキビが痛い、または痒い場合は冷やすのも効果的!


オロナインなどで消毒する

オロナイン

潰してしまった後にできる傷口を触らないことに加えて、化膿したりしないように消毒もしておくといいでしょう。


消毒ができればどんなものでもいいのですが、マキロンなどの液体タイプの消毒は乾きやすく、液体が蒸発するときに肌も乾燥しやすいので、肌質によっては顔にたくさん塗るのは避けた方がいいかもしれません。


大人ニキビは乾燥が原因になることも多いので、できればオロナインH軟膏など、クリームタイプで保湿力のあるものを消毒に使用するとよいでしょう。


洗顔等の時などに刺激しすぎないように注意

顔を洗う

そして、洗顔時に潰した時にできた傷を擦ったり引っ掻いたりしないよう注意して下さい。


スクラブが入っていたりスースーするような成分の入った洗顔料はなるべく避けて、肌に優しいものを使用しましょう。


また、洗顔をするときにはしっかり泡立てて、泡の弾力を利用しながら極力優しく洗ってください


擦らないよう気をつけながら洗顔料を水かぬるま湯でしっかり洗い流し、拭き取るときにもタオルでゴシゴシ擦らないよう意識してみて下さい。


以上のように、とにかく傷を悪化させないように注意してできるだけ悪化させないようにすることが大切です。


跡が残るとニキビよりも長引いてしまうことも多いので、今だけ目立たないようになればいいという考えで潰してしまって一生後悔しないように、潰さないようにすること、潰してしまった時には適切な対処するよう心掛けてみて下さい。